整理、整頓、清掃=Seiri,Seiton,Seisou
その3つの活動の頭文字Sをとって3S活動

この3S活動の本質的な意味とはなにか?
3S活動によって何がもたらされるのか?
本当に3S活動は職場を良くできるのか?

今回はそんな3S活動の意味について
改めて解説していきましょう

 

整理・整頓・清掃という基本的な組織作業を極めるということ

整理・整頓・清掃=3S活動とは
おそらく事業という概念が生まれる前から
とても重要視されてきたはずです

それはそのハズで
しっかりとした仕事をしようと思えば
必ずこの3S活動が重要になるからです

 

見事な仕事をやってのけるヒトは
頭の中はしっかりと
整理:必要な情報のみを選択・確保し
整頓:すぐに主張できるよう準備して
清掃:ピカピカに磨き込んでいる
ハズですよね!

同じように
見事な仕事をやってのける会社は
職場の中はきっちりと
整理:必要なモノのみを選択・確保し
整頓:すぐに取り出せるよう準備して
清掃:ピカピカに磨き込んでいる
ハズです

わかりますでしょうか?

 

あなたの職場がどうのではなく
間違いなくシンプルに外側ににじみ出ます

え?信じませんか?

でも、よく考えて下さい

 

油まみれの工場が理想だ!って方はいない
誰だって職場は清潔な方がいいハズです

わかりやすいゴールに対して努力をしない
いろいろ理由をつくって結局取り組まない

誰もがわかる必要不可欠な使命に
自らが取り組めないような会社を
あなたは信用できますか?

 

そうなんですよ!

 

この3S活動のレベルが
会社の品格に通じるし
誰もがそう見ているということ
従業員自身もそう見ているということ

 

3Sレベルの低い会社が収益性を高めようと
改善を進めるべき!なんて叫んでみても
その3S活動レベルでしか改善は進みません

 

だからこそこの3S活動を
しっかり取り組むことで
組織力の強化=会社の品格を磨く

まずはそれをベースとして
じわりじわりと効いてくるワケです
従業員の意識を変えるわけです

 

1S:整理を極める

整理とは:不用品を処分することです

逆に言えば、必要なモノしか存在しない
そんな職場の状態を維持・継続する仕組み
それを導入するための一連の流れです

 

まずは推進チームを組織して
そのメンバーで整理を進めます

 

最初の段階は、赤札作戦の実施です

例えば◯ヶ月以上使わないものは処分など
時間軸でルールを決めて徹底します

ルールを決めたら社長承認
処分リストを作成して社長承認で進めます

 

ここで”もったいない”精神を出すと
十中八九3S活動は失速します

社長がブレーキを踏めばその活動は終わり

この”整理”というイベントの成功のため
涙を飲んだ社長がいくらいることか

ここでTOPの覚悟を見せることではじめて
次のステップ:整頓へと進めることが
可能となります

 

一方、整理を極めるとはどういうことか?

それは本当に必要なモノしか存在しない
そんな仕組みづくりをしていくことです

 

最初から不必要なモノはあり得ない
そのため必要なモノから不必要なモノに
変わってしまうタイミングはいつか
それを変わらないようにできる仕組みを
考えて、試して、改善して
当職場の最適な仕組みをつくりあげる

それが極めるという状態になります

 

2S:整頓を極める

整頓とは、モノの置き方の標準化です

つまり①取って、②使って、③戻す

この一連の動きの最適化を図るわけです

 

3定=定位+定品+定量

つまり、どこに+なにを+どれだけ置くか
その最適解を求めることが整頓です

 

具体的には、看板を明示したり
ラインを引いて区画したら
形跡整頓を施したりと標準をつくり
それを徹底していくために必要なことを
実施の企画を練って5W1Hで計画し
推進メンバーで検討して試していきます

 

一方、究極の整頓とは、整理と同様
乱れるタイミングはいつか?を捕まえて
対策をほどこす

つまり、乱れる瞬間を見極めて対策して
何をしても乱れない職場をつくる仕組み
それを試行錯誤で組み上げること

それが整頓を極めようというスタイルです

 

3S:清掃を極める

清掃とは、ピカピカな状態を維持すること

 

整理と整頓はイベント型なのですが
この清掃は毎日実施するコツコツ型

徹底できるためのルールと意識づくりが
重要な対策となります

 

ヒトは性悪説でも性善説でもなく性弱説
弱い心とどう向き合って工夫するか?が
最大のポイントとなります

整理も整頓も基本的に対策方向は同様で
まずは意識強化からはじめて
ルール徹底→仕組み化と対策のレベルを
徐々に進化させていきます

いきなり最初から仕組み化を狙っても
続かないですし、うまくいきません
やはり組織成長の順番は大切なわけです

 

一方で、清掃の極め方は整理と整頓と同じ

最初から汚れているわけではなく
なにか原因があった汚れるわけです

ですのでその汚れる瞬間はいつで
その原因は?それを抜本的に対策を施して
そもそも汚れない職場をつくってしまう

そんな体制づくりが極めることになります

 

『整理・整頓・清掃』3S活動の意味とは?まとめ

さて、いかがだったでしょうか?

目的は組織的な秩序を高めていくこと

そのためには『整理・整頓・清掃』
それぞれの活動を極めようとするゴールを
全員でイメージして狙っていく必要がある

それをご理解いただければ幸いです

 

 

それでは今日はここまで
今後ともよろしくお付き合いくださいませ☆

長文・乱文を最後まで読んでくださり
いつもありがとうございます♪

すべては企業発展のために
すべてはみんなの笑顔と元気のために




そんな3S活動を進めるためのマル秘ノウハウをあなたに送ります!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
社員が変わる!職場も変わる!従業員の意識を高める3S活動のマル秘ノウハウ