3s活動、もちろん5s活動でも最初に
取り組む整理活動で有名な赤札作戦

その赤札作戦とはどんなもの?
赤札作戦の進め方ってどうやるの?
そんな正しい作業手順などについて
今回は改めて丁寧に解説します

ぜひこれを参考に自職場の改革を
スタートしてみてください

 

整理活動からはじめる自職場改革

3s活動は整理・整頓・清掃の活動です

その最初の活動が整理活動であり
そのビジュアル的なインパクトや
体で実感できる成果であるため
活動スタートの象徴的な意味で
とっても重要であると言えます

整理活動についての詳細は
過去の記事を参考にしてみて下さい
【参考情報】整理とは何か?3S活動における整理活動を深く理解する

この整理活動の成否によって
3s活動そのものの勢いが決まると
言っても過言ではないでしょう

それほど重要度が高い整理活動で
もっとも活用されているのが今回の
赤札作戦という手法です

それはいったどんな手法なのか?
早速説明を進めてまいりましょう

 

赤札作戦とはどんなもの?

赤札作戦とは
職場内にある不要ものに
『赤札』を貼り付けることで
目に見えるようにする管理手法です

具体的には職場に存在している
不要そうなモノに『赤札』を貼り
リスト化して必要・不要を判断します

例えば、今回の対象場所を決めて
実施していきます

まずは実行メンバーが集まって頂き
『では今から赤札作戦を実施します』
などと赤札作戦を開始します

 

各自10枚程度、30分くらいで
不要だと思われるモノに赤札を
どんどん貼っていきます

結果的に不要品候補に赤札が貼られ
不要だと思われるモノが見えてきます

それを後にリスト化することで
必要・不要を判断して実際に
不用品を廃棄します

そのことで不要なモノがいっさいない
必要なモノだけであふれる職場へと
進化を遂げると言うわけです

ではそんな赤札作戦の進め方を
整理していきましょう

 

赤札作戦進め方を整理する

赤札作戦は以下の手順で
進めていきます

【赤札作戦の進め方の3ステップ】
STEP1:赤札作戦の実施準備をする
STEP2:赤札作戦を実行する
STEP3:不用品を廃棄する

まずは赤札を実施するにあたり
その準備を進めます

そして赤札作成を実行に移して
不要と判断したモノを実際に
廃棄していきます

とてもシンプルですよね

 

赤札作戦の正しい作業手順について

ではそんな進め方ステップに合わせて
もう少し詳しい作業手順について
解説をしていきましょう

 

STEP1:赤札作戦の実施準備をする

赤札作戦の実施準備を進めます

その準備すべき項目は以下のとおり
①赤札対象範囲の検討
②赤札基準の設定
③赤札の作成

 

①赤札対象範囲の検討

赤札を実施する対象範囲を検討します

具体的にどの職場で行うか
対象品はすべてか限定するのか

一般的には全てのモノを対象にします

ただしいくら不要でも
『ヒト』には貼らないというのが
なぜか赤札作戦を説明する時の
定番のセリフとなっています、笑

実際には職場の特性や
整理活動の進行レベルに合わせた
検討が必要となることもあります

まずは検討してみてください

 

②赤札基準の設定

次は基準を設定します

この基準はどういったモノが
必要なモノなのか?を
決めることができる
『判断基準』のことです

○○ヶ月以上使われていないモノ
○○ヶ月以上使う予定のないモノ
など時間的な要素や
機能を満たさないモノや
隠しているモノなど

工具類は全てを見えるところに並べて
必要なモノだけを残しそれ以外は赤札

しまいこんでいる物も赤札

疑わしきは赤札

このような考えで不用品候補に
赤札を貼っていくのだという
ルールの再認識しておきます

 

③赤札の作成

最後に赤札を作成します

規定のフォーマットを作成して
配布することが一般的ですが
簡易的に赤いガムテープを使う
職場も存在しています

 

STEP2:赤札作戦を実行する

まずは実行前の写真を
撮影しておきます

そして赤札を貼り付けていきます

一定の時間で一定の枚数を貼ったら
それをリスト化しておきます

これで不用品候補が出揃いました

 

STEP3:不用品を廃棄する

リスト化したモノをメンバー全員で
必要・不要を判断していきます

もちろん、判断理由も
基準に照らし合わせて公正に評価

廃棄処分が決まったら速やかに
廃棄の手配をして棄てます

廃棄が終了したら写真を撮影して
実行前の職場の写真と見比べて
ビフォー・アフター資料を
作成して実施記録とします

 

赤札作戦の進め方とは?~赤札作戦の正しい作業手順について~まとめ

さて赤札作戦の進め方
その正しい作業手順について
イメージがついたでしょうか?

もちろんあなたの職場に合わせて
アレンジしていくことは必要です

職場によっては赤札を貼ってから
ある一定期間猶予期間を設け
その間に使用したら赤札を剥がして
赤札が残ったモノは問答無用で廃棄
というルールを徹底運用している
職場もあります

ぜひそれぞれのベターな方法に運用し
職場のまず最初の整理活動を成功させ
3s活動を盛り上げて頂ければ幸いです

 

 

それでは今日はここまで
今後とも宜しくお付き合いください☆

長文・乱文を最後まで読んでくださり
いつもありがとうございます♪

すべては企業発展のために
すべてはみんなの笑顔と元気のために

中小企業は5S活動より3S活動がオススメな理由

整理・整頓・清掃をしっかりと進めたい
けれど5S活動が本質的になかなか定着しない
そんな中小企業には3S活動への切り替えがオススメです
小規模職場には5S活動より3S活動がしっくりくるハズです!

その理由を知りたいあなたは下記をクリックして
ざっくりと内容を確認してみてください。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

5s活動ではなく3s活動を進めるのはなぜ?

The following two tabs change content below.
経営総合プロデューサー 西本 文雄(にしもと ふみお)
 大手総合電機メーカーで20年間経験を積んで平成22年に独立。8年間で500社を超える中小企業支援、そして自らも小売業を立ち上げて業績を安定させた実績を持つ超現場主義者。小さなチームで短期的な経営課題を解決しながら、中長期的な人材育成を進める「プロジェクト型課題解決(小集団活動)」の推進支援が支持を集めている。

結局3s活動とは、いったいどういう活動?

整理・整頓・清掃=3S活動の進め方を改めて理解したい
自分たちの職場をもっと素晴らしい状態にしたい
そんな熱心なあなたのために『3S活動の基礎講座』として
関連するスキルやノウハウを
初級編としてまとめました!

気になるあなたは下記をクリックして
ザっと全体を確認してみてください。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

3S活動の基礎講座(初級編)